マンスリートピックス

Monthly Topics

マンスリートピックス 2017年7月号

国税の納付について

国税は、申告した税額等に基づき納税者ご自身で納付の期限(納期限)までに納付していただく必要があります。 法人の場合 納付方法は、納付書を作成し、金融機関で納付する方法が一般的ですが、振替納税など様々な方法があります。

国税の納付手続(納期限・振替日・納付方法)のサイト

今回は、2017年1月4日より国税の支払いについてクレジットカード払いが、できるようになったことを紹介いたします。クレジットカード納付とは、インターネット上でのクレジットカード支払の機能を利用して、国税庁長官が指定した納付受託者(トヨタファイナンス株式会社)へ、国税の納付の立替払いを委託することにより国税を納付する手続です。

ご利用いただける税目

申告所得税及復興特別所得税、消費税及地方消費税、法人税、地方法人税、相続税、贈与税  など

利用可能額

1度の手続につき、1,000万円未満、かつ、ご利用になるクレジットカードの決済可能額以下の金額(決済手数料含む)

利用できるクレジットカード

Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、TS CUBIC CARD

利用可能時間

24時間

国税通則法では、納付手続が完了した日をもって延滞税や利子税を計算するため、法定納期限内に「国税クレジットカードお支払サイト」において納付手続が完了していれば、クレジットカード利用代金の引き落とし日が法定納期限よりも後になった場合でも延滞税等は発生しないことになっています。

注意点

クレジットカードで税金を支払うことで、おそらくクレジットカードのポイントが付与されるのではないかと思われますが、納付税額に応じて決済手数料が発生します。1万円までは82円(税込)、その後は1万円ごとにプラス82円(税込)が加算される仕組みです。

[例]
  • 納税 5万円の場合 決済手数料 410円
  • 納税 50万円の場合 決済手数料 4,100円
  • 納税100万円の場合 決済手数料 8,200円

領収書は発行されません。(領収証が必要な方はクレジットカード決済はできません)

 

納税者側の立場から決済の選択肢が増えるということは利便性が向上することにつながりますが、決済手数料の負担や会社の資金繰りに影響すること等も踏まえ検討が必要ではないかと思います。

国税クレジットカードお支払サイト
https://kokuzei.noufu.jp/

上記のサイトで決済(納付)が行えます。

毎月更新のマンスリートピックスは、メルマガの抜粋版となります。メルマガにご登録いただければ、税務・経理情報満載のメールマガジンを月2回お届けします!登録は無料となっていますので、是非ともご活用ください!
今すぐ無料登録
お問い合わせ

税務調査・資金繰り・事業承継等に
関するお悩み、ご相談、
お気軽にお問い合わせください

電話番号

社長メニュー(ASP版)

戦略経営者システムQ&A

毎月更新!お役立ちコーナー

社会福祉法人の皆様へ

経営革新等支援機関

経営改善計画の策定支援

補助金・助成金情報

TKC戦略経営者ローン

FX4クラウドのご紹介

このページの先頭へ